本文へスキップ

optic DAIWADO(オプティック ダイワドウ)は千葉市中央区のメガネ専門店です。

見出しアンダーすっきり加工とは

同じ度数のメガネでも、レンズの厚みが目立ちにくくなる

アンダーすっきり加工について

度数の強いメガネにおける外見的なレンズの厚み感には大きくわけて、主として3通りあります。

(1)斜め横から装用者のメガネを見た場合の、耳側や鼻側の白い全反射やウズ
(2)正面や正面やや上から装用者のメガネを見た場合の、レンズ下縁の白い反射やウズ
(3)真横から装用者のメガネを見た場合の鼻側や耳側におけるレンズのはみ出し

このうちの、(3)については、実際のところ、装用者自身が気にするほどには目立ちません。
ですから、この厚みを減らそうとして、耳側や鼻側を大きく斜めにカットするやりかたは、感心できません。肝心の正面から見られた場合の見え方において、その部分が全反射して厚み感が非常に強く感じられてしまうからです。

(1)は、強度近視になるとかなり目立ちますが、これについては、ウスカル枠を使用することにより相当に減らすことができます。

(2)については、ウスカル枠を使うだけでは無理ですが、ウスカル会の会員店の多くが実施するアンダーすっきり加工により白い全反射をかなり減らすことができます。

 
このアンダーすっきり加工は、ウスカル会代表の岡本隆博氏が、以前に「日本眼鏡技術研究会雑誌」に発表したものです。


アンダーすっきり加工の部屋







バナースペース

optic DAIWADO

〒260-0021
千葉市中央区新宿2-5-3

TEL 043-306-2336